不倫相手の不義理を知って出会い系サイトにハマる

小さな会社の事務をして10年ですが、社長と不倫関係の10年でもあります。この会社で働き出した時には結婚していた私も、いろいろあって離婚してしまいました。あとは社長が離婚してくれるのを待つばかりなのですが、まったく離婚する気配はありません。でも社長は奥さんの家を継いで今の地位にいるわけですから、おいそれと離婚できないのは知っています。それだけのために夫婦関係を続けていると言っていました。それはそれで仕方ないのもわかります。でも私はお小遣いを貰っているわけでもなければ、何かしら優遇されているわけでもありません。確かに私で会社が保たれている雰囲気はあります、経理はそれほど重要なんです。その責任感もあって、社長についてきました。
しかし先週、社長が街で若い女性を連れているところを見てしまったのです。ブランド品のショップに入ってゆき、その女性にバックを買ってあげていました。その後、高級レストランにも入ってゆきました。私はこんなことをしてもらったことはありません。それを尾行していましたが、二人がレストランを出てタクシーに乗り、素敵なホテルに入っていったところで自分の惨めさに気が付きました。尾行の途中途中で写真を取っていました。
しばらく考えこんでしまいましたが、社長は私に対して誠実さはかけらもありません。少ない給料で、大きな責任を負わされ続けた10年間だったのかもしれません。悔しくて涙が出ました。その時から出会い系サイトにハマったのです。離婚してからは社長との関係だけでした。男性経験は元夫と社長だけなのです。出会い系サイトでは、いろいろな男性と関係をもちました。手当たりしだいと言ってもいいかもしれません。でも、その関係の中で社長のお粗末さや元夫の未熟さなどを知ることが出来ました。その経験が、私に決断をさせてくれたと思います。私は社長と若い女性との写真を奥さんに送りつけて、会社をやめました。奥さんは本当に引き止めてくださいましたが、そこまで私も図々しくはなれません。出会い系サイトで様々な段せと付き合うことも覚えましたので、寂しくはありません。年齢も年齢なので、出会い系サイトを知るまでは「社長とのセックスがなければ、他の人とする機会もももう無いだろう」という気持ちが執着になっていたということは実際にあります。そういうことも考えないくていいのですからhttp://xn--rhr701b9j7atwf.net/関係を終わらせることに不安はありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>